直圧成型の広範なニーズにお応えします。

直圧成型

直圧成型のための材料を自社生産し、直圧成型のための設備を整え、直圧成型のための技術を蓄積してまいりました。

直圧成型のためのプロ集団としての自負。

300t直圧式プレス機(福光工場)

当社では、1967年(昭和42年)より、成型部門を発足させ、直圧成型一筋に邁進してまいりました。基材としての布チップや成型材料の生産から、加工、品質管理までのあらゆる工程を、直圧成型を前提とした一貫体制の一部門として稼働させております。 大型品の成型や肉厚、偏肉成型が可能であるという従来からの直圧成型の長所に加え、熟練の技や知識の活用と、専用機の導入により、精密で強固な成型品を生み出しています。
直圧成型のデメリットとも言える生産性の低さを、小ロット対応が可能であるというメリットとしてとらえ、誠実に確かな製造方法を貫いてまいりました。お客様のご要望に応じ、1個から受注しております。

充実した設備と技術者が支える工場生産での安定供給。

タブレットマシン,トランスファ(福光工場)

直圧成型というと、家族でこつこつと作業を行う家内工業が思い浮かぶかもしれません。そこには熟練の技とていねいな仕事ぶりがありました。
当社は、家内工業であった旧来の誠実さを継承しながら、大量注文にもお応えできる十分な容量の工場に、37~1500tの機械を導入し、確かな品質を安定供給できる態勢を整えております。
技術者の育成にも注力し、熟練の技術が途切れることのないよう尽力しております。

冷蔵倉庫,第1工場,第2工場(福光工場)

新たな分野に挑戦し続けます。

アラスカパイプライン

1975年(昭和50年)、北極海から太平洋にかけて数百kmに渡るパイプラインを建設する、アラスカでの大規模なプロジェクトに参入。当社が生産したインシュレーターブッシュ(製品重量3.3kg×14万個)は、30数年が経過した現在もなお補給や返品の発生がなく、厳しい気候条件下での耐久性を立証しました。

ツールポット®

1976年(昭和51年)フドー株式会社との共同開発により、マシニングセンター用ツールポット®の樹脂化に成功。工作機械の発展に大きく貢献するとともに、国内外の企業様より絶大なる信頼をたまわりました。

水力発電所

1990年(平成2年)、オーストラリア(ワイバンホー)の世界最大級を誇る水力発電所のタービン用軸受制作に関与。オイレス工業株式会社と共同で主軸軸受(製品重量50kgに分割=円径1,910mm)を担当。原材料から成型・加工までを一貫して手がけました。

東北新幹線

2001年(平成13年)、東北新幹線のレール締結装置に使用する絶縁板を受注。3ヶ月の納期内に、130,000枚の成型・加工・納品を一貫して遂行しました。
九州新幹線・北陸新幹線・北海道新幹線にも納入しております。

1,500tプレス

2010年7月、1,500tプレス導入(写真参照下さい)同8月には、このプレスでオーストラリアtumut3水力発電所軸受け1基分を製造しオイレス工業(株)殿に納品。

Next⇒

COPYRIGHT(C) NAKAHARA CHEMICAL PRODUCTS INDUSTRY CO., LTD.