全工程を自社内で一貫管理。他の追随を許さない直圧成型のスペシャリストとしての自負があります。

熱硬化性樹脂

生産工程

大型品、肉厚・偏肉成型も受容する、熱硬化性樹脂のための直圧成型。

当社は、1949年(昭和24年)に布チップの生産で創業し、一貫して直圧成型(=圧縮成型、コンプレッション成型)による産業用機械部品の生産を行ってまいりました。 フェノール樹脂をはじめとする熱硬化性樹脂は、100年以上の歴史を有する信頼性の高い樹脂であり、耐熱性、耐薬品性、耐候性にすぐれた素材としてさまざまな分野で利用されています。大型品や、肉厚成型、偏肉成型、また、シート材料や流動性のない材料など、直圧成型でしか作れない製品も多く、各業界よりさまざまなご要望をちょうだいしております。
生産性の悪さを逆手に取り、小ロット生産に対応できるのも、直圧成型の強みです。形、数量とも、お客様のニーズに細やかにお応えします。

高品質を創出するのは、社内一貫生産総合力。

直圧成型による熱硬化性樹脂は、各分野で確実な需要があるにもかかわらず、その特異性や難易度の高さによって、生産量が減っているのが現状です。材料の入手が困難になりつつあり、外注先を確保することも容易ではありません。 そのような現状のもとで、当社がこだわっているのが社内一貫体制です。
基材や成型材料の生産に始まり、直圧成型、樹脂加工、そして品質管理までの全工程を自社内で行うことにより、トータルに原価削減を図り、確実な納期の中で、高品質の製品を生み出すことが可能となります。

これまでも。これからも。一筋に直圧成型を。

創業時より直圧成型にこだわり、直圧成型のプロフェッショナルであることを自負としてまいりました。
基材の生産から、直圧成型や樹脂加工、品質管理にいたるまでの全行程を網羅する総合力が、お客様の多様なニーズに必ずやお答えすることと確信しております。

※フェノール樹脂のほか、不飽和ポリエステル、エポキシ、メラミン、ユリア樹脂等
の成型も承っております。

COPYRIGHT(C) NAKAHARA CHEMICAL PRODUCTS INDUSTRY CO., LTD.